多国籍企業

ビジネス実例 - 多国籍企業

最も巨大でよく知られたグローバルな多国籍企業でも、新しい収益を求めて新規事業に参入したり、既存のマーケットで顧客へのサービスとサポートのために新しい支社を作る必要があります。多国籍企業にとって、新しい、実績のない市場でプレゼンスを確立するために、市場のスピードに合わせて容易に立ち位置を確保することができるかどうかということは、大変大きなリスクとなります。

ここでコンパスオフィスはお役に立てます。

コンパスオフィスは、最新の家具や、業界をリードするITインフラを備えたフレキシブルで十分に整備された、すぐに使えるワークスペースをご用意しています。ただサインして入居すれば、明日からでも仕事を始められます。お客様のニーズに合わせて、オフィスをカスタマイズすることも可能です。

バーチャルオフィスのビジネスアドレスや総合受付サービスを使えば、大きな資財の投資なしに、新規市場で素早くプレゼンスを確立できます。

グローバルな多国籍企業のストーリーを、ぜひご覧ください。

グローバルなオペレーション、ローカルのプレゼンス

ある著名なグローバル・テクノロジー・サービス企業は、アジア太平洋に巨大な市場オポチュニティを求め、北米以外の地域に踏み出したいと思っていました。彼らが顧客数と営業利益において競合他社に対し先発優位に立つためには、市場参入のスピードは非常に重要でした。はじめに、シンガポールや香港というハブ市場でのプレゼンスを確立する必要がありました。

コンパスオフィスを選ぶことで、この企業は香港に素早く支社を設立することができました。コンパスオフィスは、マネジメント用特別室と会議室を備えた大きな部屋をフレキシブルな期間使用するというニーズを満たす、カスタマイズされたワークスペースを提供しました。会社設立支援も行いました。

このアプローチによって、この多国籍企業は、先行投資、セクレタリー業務、管理部門に関する負担などを避けながら素早い市場への参入が可能になり、核となるビジネスを成長させることに集中できました。同時に、バーチャルオフィスのプレミアパッケージは、ビジネス用住所と郵便物対応と同時に、SEのアジア市場を開拓するためシンガポールへ出張する従業員用に、月5日間のプライベート・オフィスの利用を実現しました。その後、バーチャルオフィスのサービスを、コンパスオフィスのネットワークのサービスオフィスを利用可能にするプランに拡大することで、ビジネスの急速な発展を支えました。

もしあなたが新しいマーケットで急速にビジネスを拡大させる必要があるならば、ぜひコンパスオフィスへお問い合わせください。

お問合せフォーム

(*必須)



*ご質問の内容:





*ご関心のあるエリア: