Published 30 10月 2019 Category:

中小企業の社員の離職率を下げる人材開発のアイディア

人材開発は、中小企業の従業員の離職率を下げる重要な要素の一つです。もしうまくいかない場合は、常に新しい人を雇いゼロから教える必要があります。ただし、従業員の育成と時間・お金・労力を費やすと、会社は発展する可能性があります。人材開発で従業員の離職率を下げる8つの方法をご紹介します。
 

1. 個々の人材開発を計画する

マネージャーとして従業員ごとに個々の成長や開発計画を作成する必要があります。その従業員がいつどのトレーニングを実施すべきかを判断することができます。

製作手順は、関係する従業員が関与する必要があります。その従業員との話し合いの中で話し合うべきトピックスがいくつかあります。

・現在のスキルと強み
・成長させたいスキルの確認
・将来的なキャリアと会社で達成したい事

従業員の強みとスキルの親和性を考えてそれに合った個々の開発計画を作成するべきかと思います。従業員との話し合い後に、現実的に目標達成が可能な日時設定を調整します。計画を定期的に改訂するため、従業員と一緒に話し合う機会を定期的に持つべきでしょう。
 

2. キャリア開発をサポートするタスクを割り当てる。

言わずとも従業員は個々別々のスキルを持っています。これらのスキルと強みを活用することは、あなたとあなたの会社にとって最大の関心事かと思います。従業員の才能とスキルを発展させるためのポジションと場所を提供することで、社員一人一人が成長し会社の成長に貢献することにンります。

もし社員が業務タスクに苦戦しているようであれば、学習プロセスに役立つリソースをアドバイスをしたり指摘が有効かもしれません。ポイント3~5で詳しく説明させていただきます。
 

3. ネットワーキングイベントを奨励する

セミナーや、ラウンドテーブル、会議は、従業員向けのトレーニングとして素晴らしい機会です。一部の業界では毎年、世界中の成功者達が招待され成功事例と最新イノベーションを共有するために招待されます。同様に、このようなイベントはネットワーク作りや新しい人達との出会うことができ、新しいプライベートとビジネスのつながりが構築されます。

年次会議中に、従業員に中小企業のトークへの参加をおすすめしてみてはいかがでしょうか。このようなイベントは様々なコワーキングスペースで頻繁に開催されます。ビジネス関連のトピックスで議論される場合はどんな時でも従業員も学習の一つとして参加を提案をしてみてはいかがでしょうか。
 

4. 新入社員とメンターの設定

経験の浅い従業員を付ける代わりとして、経験豊富な社員を付けてみるのはいかがでしょうか。若い従業員は実践的なトレーニングと知識を得ることができ、知識のある社員との関係構築ができる機会ができます。

同時に、あなたが知識とスキルに感謝をしているベテラン社員に対して見せることができます。それにより別の方法で会社に貢献をすることができます。

時間の経過とともに、本格的な学習・開発プログラムに発展する場合もあります。
 

5. オンライン学習ツールの活用

トレーニングツールとして質の高いウェビナーとポッドキャストを利用を無視すべきではありません。トレーニングの一つとしてウェビナーとポッドキャストのリストを提供することができます。無料のウェビナーもありますし有料であればサポートしてみてはいかがでしょうか。ここで重要なポイントは、従業員が経営者や専門家から積極的に知識と身に着けようと推奨することです。

ウェビナーとして人気のあるソースを下記に記載します。

  • Coursera

  • Udemy

  • Codecademy (specific for coding classes)

  • LinkedIn Learnings


トピックごとにポッドキャストを発見するためのツール

  • Listen Notes

  • Google Podcasts

  • Apple Podcasts

  • Spotify

 

6. 定期的なフィードバックセッションをスケジュールする。

フィードバックは非常に重要な手段の一つです。そのため、フィードバックは従業員の評価のみにフォーカスをあてるべきでしょうか。一度に大量の指示を受け取ると圧倒されてしまいます。GoogleカレンダーやOutlookカレンダーなどの共有カレンダーを利用すると定期的なフォードバックセッションを簡単にスケジュールを取ることができます。

フィードバックは、過度に批判的や不承認、屈辱的な思いをさせるべきではなく、建設的でかつ、その人に業務を遂行する知識やスキルを発展させる必要があります。

フィードバックを十分吸収して従業員がより発展し活発に仕事に取り組むため、従業員をほめることはとても重要な事です。
 

7. 人材開発計画の再検討

社員の成長と見え方は、チームの努力にかかっています。マネージャーは、従業員と一緒にキャリアの開発計画の再確認を定期的にする必要があります。

・強みと弱み
・従業員が様々な状況の中でフィードバックに対してフィードバックとパフォーマンスについてどう対応をするか。
・目標と野望、そして仕事で直面している課題と悩み。
・可能性を最大限に利用し、キャリア目標を達成する方法。

 

8. 昇進の代替案について話し合う

中小企業は、従業員のモチベーションを保つため昇進に頼ることはできません。そのため、想像力を発揮して従業員の成長に役立つ代替案を考えましょう

従来の同じ部署での垂直型昇進ではなく、スキルセットに合った責任やタスクを微調整して広げていく事によって、ジェネラリストとしての水平型昇進を提供してみてはいかがでしょうか。スケジュールを調整していき、才能とスキルを開花させるために集中する時間が必要です。

例えば、熟練したプログラマーは会社のサイトをオーバーホールしたり、アプリを開発したりすることができます。
同様に、スポーツ志向の従業員はフィットネスやヨガクラブを始めるかもしれません。
 

従業員満足度が高い会社が会社の成功を作ります。

もし従業員の会社内で才能とスキルを開花させる動機づけをすることができれば、成功は確実です。これらの8つのキャリア開発アイディアが、あなたの組織とスタッフの成長に役立つことが出来ましたら嬉しいです。