Published: 令和5年6月19日
Updated: 令和5年6月26日
Category: Human Resources , Business Tools

人事 に革命を起こす AI のパワーと将来性

None

人事(HR)部門は、組織の生命線であり、企業の最も貴重な資産である人々を管理し、育成し、成長させることに専念しているといえます。

無限大の責任の中で、近年HRの専門家は、人工知能(AI)を取り入れて業務を円滑にしています。学習能力と自動化の能力を備えたAIは、HRのプラクティスを革新し、プロセスを効率化し、より柔軟性のある働き方を促してくれています。

しかし、このような新しい時代に踏み入れる中で、AIと人道的なHRとの間でバランスを取るという課題が残っています。

明らかな効率性をもたらすAIにも関わらず、人事の「人間性」を保つことが重要視されているのです。

技術の進歩の中で、HRの核心にある共感、理解、つながりを守る必要があります。人間のふれあいとAIの効率性の融合こそが、人事の未来であるのではないでしょうか。


AIを活用する人事(HR)- 効率的なプラクティスとイノベーションとは?

AIはもはや人事(HR)において、ただの華やかなツールではなく、伝統的なプラクティスを再定義する戦略的なパートナーともなっているようです。人事部が導入しているAIの活用方法は下記のようになります。

 

効率的で個別化された従業員のオンボーディング

新入社員にとって快い入社体験、またはその時の感動がなぜ大切なのか。それは、会社の組織文化への認識や長期的な滞在意欲に大きな影響を与え、これが業務に大きく影響するからです。

米国のオンボーディングソフトウェア企業がまとめた統計によると、優れた入社体験をした従業員の約69%が少なくとも3年間は会社に在籍する可能性が高まるという驚くべき結果が示されています。
従来、このプロセスは人事部門にとって手動で時間とリソースを消費するものでした。

スマートで適応型のシステムを新入社員の入社時に活用することにより、AIはより効率的で個別化されたオンボーディングを実現します。

これらのAIによるシステムを使用することによって、必要な連絡先、トレーニング資料、企業理念、入社手続きなどの業務を迅速に新入社員に提供することができ、人事部門がより他の企業戦略的な業務に集中できる時間が確保できるようになります。

 

志望者のスコアリングとランキング

志望者による応募が数百、あるいは数千もの場合でも、履歴書を適切な候補者を見つけるために細かく選別する作業は困難です。

AIは、履歴書や求人応募書類を迅速かつ正確に分析し、事前に設定された基準に基づいて応募者を能力、経験、その他の様々な関連要素でランク付けすることが可能です。

これにより、採用プロセスが効率化され、最適な候補者のみが人事部の最終審査で使用する一覧に簡潔に残るようになります。

AIは疲れることも、作業に参ってしまうこともなく、数の多さに押しつぶされて有望な候補者を見落とすこともありません。これは、人事担当者と入社志望者の両方にとって利益をもたらすものでもあります。

 

社内の才能の発掘と採用

組織内の既存の才能の特定と育成は、人事部の重要な責任です。しかし、これはしばしば困難で時間のかかる作業です。

AIの高度な分析能力により、手動のレビューでは見落とされる可能性のある組織内の隠れた才能を発見することができます。従業員データを分析して、空席の補完や新たな役割を担う潜在能力を持つ人材を特定することができるため、企業は外部の採用や研修に費やす時間とリソースを節約することができます。

 

従業員の開発とトレーニング

多くの従業員、特にミレニアル世代にとって、学習と成長の実感は仕事の満足度において重要な要素です。

A Gallup(ギャラップ)の調査によると、59%のミレニアル世代が成長の実感が味わえる機会を非常に重要視しています。AIは、従業員のパフォーマンス、スキルセット、キャリアの希望に基づいて、個別に合わせたトレーニングプログラム、ウェビナー、ワークショップ、さらにはメンターを推奨することができます。

従業員の満足度と生産性を大幅に向上させ、離職率も抑えることができる、洗練された個別のプロフェッショナルなAIを活用活用した成長支援の手法ともいえます。

 

AIの導入の人事における利点〜成長と生産性の向上〜

人事(HR)におけるAIの導入は、数多くの利点をもたらしているといえます。

 

リソースの節約

AIの能力は、繰り返しの作業や手作業の自動化において非常に有効的です。データ入力やレポート作成、スケジュール調整などの管理業務を効率化することで、人事担当者の貴重な時間を節約できます。

この効率化により、組織は大幅なコスト削減を実現し、リソースを戦略的計画や労働力の開発に再配分することが可能となります。

資源を消耗するタスクをAIで、効率的なプロセスに変えることで人事における生産性を再定義しています。

 

採用プロセスの効率化と偏見の削減

特に大量の応募を扱う採用プロセスは困難な作業であるといえます。

AIであれば、膨大な量のデータを分析し、潜在的な候補者を絞り込み、採用プロセスを効率化してくれます。さらに重要なことは、AIは採用プラクティスでよく見られる無意識の偏見を減少させるのに大変役に立ちます。

特定のスキルや資格に焦点を当てるようにプログラムされているため、AIはより公平で公正かつ透明な採用プロセスに貢献できるのです。

 

継続的に改善できる

AIの素晴らしい特徴の1つは、継続的に学習する能力です。すべての相互作用、データポイント、フィードバックが、知識の洗練とパフォーマンスの向上に貢献します。

この持続的な改善は、企業に持続可能な優位性をもたらします。例えば、人事スタッフが入れ替わったとしても、この貴重なAIの知識が企業内に残ることで連続性と一貫した改善を促進します。

 

候補者のエクスペリエンスの強化

AIが採用プロセスを効率化する能力は、人事チームのみにとどまらず、候補者のエクスペリエンス値も大幅に向上させます。

自動化された応答、リアルタイムのアップデート、より迅速な対応など、すべてが透明性と効率性の向上を強化してくれるのです。

良好な採用は、企業の評判を高め、魅力的な働き場所がある企業としての地位を築くことができます。

 

人事におけるAIの課題と改善

AIには多くの利点があるにもかかわらず、いくつかの課題も存在します。

 

偏見を持続してしまうリスク

AIは偏見を緩和するのに役立つ一方で、歪んだデータや差別的なデータで訓練された場合、インプット朝れてしまった偏見を持続させてしまう可能性があります。

公平で包括的な採用プロセスに貢献するためには、念密な検討と定期的な監査が必要となります。そうすることで、AIシステムが勘違いしてしまった差別を助長することを防ぐことができます。

 

企業文化と心の把握

AIには、多くの強みがあるのにもかかわらず、人間の感覚という部分においては欠如しています。AIは企業の文化や人間の非言語的なコミュニケーション、人間が本能的に理解する感情の微妙なニュアンスをAIは完全には理解することができません。

そのため、人間とAIの協力的なアプローチが望ましいといえます。

しかし、人間とAIが協力して働くことで、AIの効率性と分析力を人間の人事における共感力、直感力、文化理解と組み合わせることができます。

 

コストとノウハウ

AIシステムの初期設定、メンテナンス、更新には高いコストがかかることがあります。さらに、AIを効果的に活用するためには、すべての人事担当者が持っているわけではない技術的な専門知識が必要です。

AIを人事業務に導入し活用するためには、適切なトレーニングとサポートが欠かせません


人事におけるAIの変革 まとめ 

現代のデジタル時代における人事部門は、AIを重要な組織の一部として迎え入れています。まだまだ課題があるにも関わらず、戦略的な使用は効率的なプラクティス、大幅なリソースの節約、従業員体験の向上を企業にもたらしているからでしょう。

成功の鍵は、AIを人事に統合した際に、AIの技術能力を最大限に活用しながら、人事独特の人間の温かみを保つことであるといえます。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: