Published: 令和6年1月12日
Updated: 令和6年1月29日
Category: Office Solutions

ワークスペースの効率的な利用は新時代の資産

None

フレックスオフィスへの需要が時間とともに進化する中で、企業やビジネスプロフェッショナル向けの職場戦略は、環境要因の変化、個人の好み、およびハイブリッドワーク環境の普及を考慮して大幅に変化しました。その結果、ビジネスはますます最新のテクノロジーを収容できる柔軟で持続可能なワークスペースを求め、資産クラスとして新時代に向けてどのように最適化できるかを再考しています。この点において、コンパスオフィスは、フレックスオフィスを適切なサイズにと求める企業やビジネスプロフェッショナル向け、効率的でハイエンドなオフィススペースの市場におけるニーズを満たすことに成功しています。

オフィスへの目的は多岐にわたる可能性があり、進化するワークスペースは現代の労働力内でさまざまな働き方を生み出しています。その1つとして、ホームオフィスの増加や、逆にホームオフィスを業務環境に統合してしまうという方法がありますが、これには限界がきてしまいます。アジア太平洋地域の一般的な住居は、北米の対応するものに比べてサイズが小さい傾向があります。限られたスペースと適切な業務機器を取り入れる新たなコストは、決して生産性には適しているとは言えません。これが過去10年間でフレックスワークスペースが台頭してきた理由であると考えられます。フレックスオフィスは、その名前が示す通り、利便性だけでなく、変動するリスク環境において比較的容易に拡大または縮小する柔軟性を提供し、それがビジネスの拡張性と成功に直接影響を与えていると言えます。

この記事では、アジア太平洋地域およびその他の地域で進化する職場の根本的な原則と動力を概説し、使用者の視点からの職場最適化のためのロードマップを記載しています。フレックスワークスペースなどの新しい異なる働き方があらゆる規模のビジネスにおいて従来のオフィスよりも好まれる選択肢となるにつれて、目の肥えた使用者の期待は再構築され、オフィスセクターに新しい変化をもたらしています。これらの変化は、比較的短期間で発生するサイクリカルな変化(ビジネスや経済のサイクルなど)、そして対照的に、より長期間にわたる基本的な構造変化としてさらに分類できます。基本的には、現代の世界でオフィスセクターは構造的に変化し、サイクリカルに挑戦されています。
 

構造改革と循環的変遷

企業はますます、制度機関や政府機関によって課される持続可能性の要件に対して認識を高めています。この問題に対処する最も直接的な方法の一つは、ネットゼロの目標を設定するか、あるいはビジネスの運用プロセス中に二酸化炭素の排出を考慮することです。オフィスビルの占有率は、二酸化炭素排出の主要な要因の一つとなり得てしまうからです。ですので、使用者においては「ビジネスが運営されるであろう建物が、持続可能性の概念に適している環境を提供はしているのだろうか」という認識へと変わりはじめているのです。同じく、使用者はヘルスケアへの意識が高まり、近年ではウェルネスに焦点を当てている人が多く、配慮のある使用者は従業員の福利厚生、全体の空気のクオリティや設備に関心を抱いています。さらに言えば、フレックスワークスペースをこれまでよりも選択する傾向があり、これにはグリーンビルディング内でのアップグレードされた照明、建物までのアクセス、エンドオブトリップの施設なども含まれます。

深く言えば、適切なフレックスワークスペースを発掘する際には、中央業務地区(CBD)のプライムなプレミアムビルでのアメニティに注意を払う必要もあります。他の重要な考慮事項には、エンゲージメント、コミュニティビルディング、交通のハブ、利用可能な駐車場、公共交通が利用できない場合の代替ソリューションなどが含まれます。さらに、地元の飲食店や他の娯楽施設との関わりは、従業員にとって価値が高い項目でもあります。多くの場合、彼らは仕事だけでなく、同僚との勤務時間後の関わりを求めて周囲の環境に気をかける可能性があるからです。
 

経済同時進行の中で見えるフレックスワークスペースの未来

最後に、近年の世界情勢や景気後退の脅威、金利上昇などのマクロ経済要因は、資源の配分の変化の一因となっています。多くの人が資本は正当に主要なビジネス目的に使われるべきだと考える中で、景気の減速、金利の上昇、近年のインフレ環境の中で、本来のビジネスに何百万ドルも投入することなどは減少しています。これらの要因が影響している中においても、オフィスの使用方法にさらなる検討に時間を費やすことになるでしょう。

近年の経済の不安定さや不確実性にもかかわらず、多くの企業が拡大を続けています。これは市場レベルで興味深い結果を生み出し、ワークスペースの最適化におけるトレンドの変化にも関わります。例えば、多国籍のテクノロジー企業が従業員に対して週に少なくとも3回はオフィスでの勤務を義務付けるという共通の方針が増えています。通常、従業員の多くは火曜日、水曜日、木曜日にオフィスに出社することを選択することが多く、残りの日は勤務者がいない状態となります。フレックスワークスペースの最適化を考える際に、これらの雇用トレンドの影響も同時に考慮することが重要なのです。

 

ロケーションそして場所

空室の見出しに注目するだけでは、各市場セグメントの特定の時点の瞬間的なスナップショットを示すだけです。完璧に未来の展望を得るためには、サブマーケットをも評価することが同様に重要。高い占有率の地域が実際には多くの企業が存在したい場所である可能性があることが明らかになってくるでしょう。フレックスワークスペースの立地が都市の主要なビジネス地区内にあることは非常に重要なのです。
 

Z世代とY世代

興味深いことに、現代の使用者の世代構成は重要な考慮事項を引き起こしています。一般的には、世界的に最も人口が多い世代はジェネレーションZだと考えられていますが、労働力内で最も大きな世代はジェネレーションY(ミレニアル世代)であり、彼らは現在、実際の意思決定権を持つCレベルの職位に就いているはずです。 調査では、Z 世代と Y 世代の両方が、環境、福利厚生、メンタルヘルスを議題として重視する傾向があります。彼らはまさに、人道的な問題に対して個人および職場の両面で自分なりの意思を保つ世代であり、それに伴い雇用主からの持続可能性、健康、ウェルネスへの約束を期待するのでしょう。

 

臨場感あるAIと技術の進歩

振り返ってみると、これまでフレックスワークスペースは長らく最新の技術を導入してきました。人々がどのように、いつ、どこで働くかに影響を与える持続可能性の向上や持続可能性の測定の手段として活用されています。コンパスの「未開発の可能性 - 沈浸型AIが企業文化を刷新する」では、柔軟なオフィスの技術の進歩とそれが組織内で多様性、平等、および包摂の推進力となる方法を明らかにしています。
 

まとめると、第三者データプロバイダーからの憶測によれば、今後の10年間でアジア太平洋地域全体において1500万のオフィス雇用が見込まれ、オフィス市場が拡大する事となります。これに伴いより多くのスペースが必要とされることでしょう。統計的な予測はオフィスセクターにおいて一貫した分析と調査を確保するためにありますが、この記事では進化するワークスペースを再構築しているいくつかのトレンディング要因と、それが現代の世界におけるフレックスワークスペースの普及にどのように関与しているかを述べています。これらの推進要因がまとまることで、今、ビジネスが必要とするスペースやこの先必要とするかもしれないスペースの量がより正確に定義できるようになっていくでしょう。
 

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: