Published: 令和3年5月21日
Updated: 令和4年5月27日
Category: Workspace

自宅で働くのかオフィスで働くのか:企業が維持するオフィスの未来

None

社会的に距離を置かなければいけない状況に反映する様に、一部の雇用主は安全な方法で事業を継続させるためにリモートワークの方針を促進させています。

多くの人が自宅の環境で働くことで繁栄しているのと同時に、苦難を迫られている人々も存在します。この2つをセット視したところでも、オフィスで働く、または在宅勤務 のどちらが生産性をあげているのかという点については、疑問が投げかけられています。

オフィスで働くにしても在宅勤務にしても、どちらも比較すると生産性に影響を与えている要因は多々あります。多くの人が在宅勤務を新しい働き方とみなしているのに対し、一部の専門家はパンデミック後においてもオフィスは引き続き業務進行に適切な場所であると主張しています。
 

在宅勤務とオフィスで働く生産性の比較

在宅勤務とオフィスの生産性において協議される際には、必ずといって生産性が中心となりますが、テクノロジーによって在宅勤務が円滑に行われているにもかかわらず、多くの企業は現場作業がより効果的であると考えています。

-    業務通勤

通勤時間がなくなるということは、在宅勤務の一つのメリットといえます。特に、時間勝負の業務に関してはこれが当てはまります。在宅勤務であったなら、業務に至りつくまでの朝の忙しい時間の多くを費やす必要がなくなります。

しかしながら、通勤時間は朝の頭の休息時間であったり、帰宅時は家路までの寛ぐ時間としても働きかけているため、これらの時間がないことに対して少し時間の切り替えに混乱を起こしてしまうかもしれません。

-    バーチャル会議と電話会議

バーチャル会議や電話会議は、打ち合わせまでの時間に準備に慌てることがなく、それなりに容姿を整える必要もなくとても簡潔に準備が整います。特に電話は、他に気を取られることなく意図を的確に伝えることのできる優れた方法であるともいえます。

シンガポール国立大学ビジネススクールのリチャード・アーベイ氏教授によると、オフィスで働く利点として、対面式の会議やコロケーションには心理的な利点があるとしています。対面式でのやり取りは、最も簡単にできるソフトスキルとし、電子メールやビデオ会議では賄えない顔の表情や身体におけるジェスチャーなどの非感覚的な手がかりが掴める手段であるとしています。

-    オンとオフの使い分け

自宅で働くのとオフィスで働く調査では、企業の近い将来に関連する注意するべき事柄と、深く関係しています。2019年にBufferが実地した在宅勤務の状況報告では、在宅勤務の22%の人が作業後の時間の切り替えが難しいとしている。

仕事と家庭の区別がつかないため、作業時間を作業時間後の線を引くことが難しくなってくる可能性があります。家庭生活の気分転換は考慮すべき重要なポイントで、それらが適切に管理されない場合、集中力と生産性の喪失につながり多くのストレスを受けてしまう可能性があります。

-    役割と責任

大きな事業計画において、在宅勤務では感覚的な部分において欠損してしまう部分があるといえます。共通のワークスペースがある場合には、組織内の各メンバーにおいてロールがより詳細に定義されます。そして、これは組織内における労働文化において非常に重要な要素であるといえます。しかし、在宅勤務においてはオフィス環境がないために、これが困難になってくるのではないかとされています。

在宅勤務と、オフィスで働くメリットとデメリットを一覧にするととても長くなり、常に議論の対象となります。会社勤務と自宅勤務の選択肢を比較検討することによって、将来の作業傾向の多くの答えをもたらすとの見解があります。
 

未来の業務におけるトレンド

パンデミックの有無にかかわらず、職場の未来は飛躍的なデジタル環境においてダイナミックな変化の波によって定義されるといえます。今現在は不透明な状況ではありますが、多くの人に在宅勤務が、今後主流になってくるのではないかと考えています。ただし、この新しい作業環境は、生産性の落とし穴を考慮すると、全ての業界、そして在宅勤務に適しているわけではありません。

下記では、オフィスの未来と生産性を向上させるための役割や洞察を提供し、未来の働き方の定義をより明確にします。

トレンド1:AIと自動化

多くの場合自動化と同じ様に言及されている人工知能は、生活の様々な側面位影響を与えてきました。企業や雇用主は、競合を上回るためにAIを採用してきています。業務率が向上し、生産性も向上するため、この様な自動化は、従業員の作業効率を上げるために使用されてきており、これらの洗練されたオフィス環境を保証するとともに、仕事そのものの価値までもサポートします。在宅勤務においては、これらのツールやシステムへのアクセスが制限されていまいます。

トレンド2:創造性、コミュニケーションとコラボレーション

より効率的なテクノロジーを使用することによって、未来の作業はより良いコミュニケーションやコラボレーションを促進させることができます。2つの分野であるAIと自動化が、創造的なコミュニケーションとコラボレーションを、促進させることができるツールを従業員に与えることができるため、これらに密接に関係してきます。高度なツールは、ホームオフィスからではアクセスできない場合があるため、パンデミック後においてもオフィス勤務は引き続き適切とされています。フレキシブルオフィススペースと共有スペースは、これらの関連するツールが利用でき、会社のニーズに合わせて調整する準備が整っている傾向にあります。

トレンド3:スーパージョブの向上

2019年おける、デロイトのグローバルヒューマンキャピタルトレンドレポートによると、スーパージョブにおいては従業員には高度なスキルを必要とされ、今後、組織において現在の課題に立ち向かうために、高度なスキルを持つ人材の雇用と意地を優先する可能性があるとされています。熟練した労働力は、最新テクノロジーに支えられた将来の職場環境で価値があることが証明されます。役割と責任を定義する必要性、及び戦略的に意思決定により、将来のオフィス環境での作業がさらに重要となります。

仕事の未来は、今現在の作業風景によって彩られてきます。それは社会的距離と在宅勤務の必要性という部分に影響されました。ただし、未来の働き方の傾向や、未来の働き方を定義するのに必要とされる最大の要因は、拡張エクスペリエンスの需要、作業効率、及び作業環境の変化に適応できる能力といえます。これらと同じ理由で、今日のリモートワークとオフィスワーク間のシフトにも関わらず、職場の未来はオフィス勤務を維持することになるでしょう。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: