Published: 令和5年5月19日
Updated: 令和5年12月15日
Category: IT & Tech

テクノロジーは商業用不動産の未来をどう作り上げるのか

None

商業不動産業界においてのテクノロジーという分野は馴染みがあるものとなってきました。     

プロプテックー これは、不動産業界内の構造、システム、エクスペリエンスを磨き上げ、再開発するための技術を利用する企業の波を表す造語。                         

デジタル化が当然とも言えるようになってきた現代において、商業不動産は成長と効率性を推進するために技術の進歩に依存気味だといえます。

KPMGが2018年6月から7月にかけて、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMA)、アメリカ、アジア太平洋地域の30か国の270人の不動産意思決定者を対象に実施した世界的な調査によると、不動産会社の97%がテクノロジーとイノベーションが彼らのビジネスに大きな影響を与えると考えていると報告されています。                                       

北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域などの成長市場では特に明瞭であり、不動産テクノロジーの採用と統合が競争力を維持する上で重要だとこの数字は表しているといえます。           

 

商業不動産における先端技術

商業不動産の未来を査定してみると、いくつかの重要な技術の影響力が浮かび上がります。       

 

1.拡張現実

拡張現実(AR)は、商業不動産において重要なツールとなりつつあるといえ、物件の視覚化とインタラクションを変革しています。ARは、デジタル情報を現実の世界に重ね合わせることで、潜在的な購入者や賃借人が物件のスペースを把握するための新しい形を提供しています。         

空のスペースに仮想の家具や改装を投影することで、物件の潜在能力を目に見える形で示すことができ、これにより、クライアントは異なるレイアウトやデザインを選択することで、物件の探索プロセスをよりインタラクティブで魅力的にカスタマイズすることができます。

不動産のプロフェッショナルにとっても、ARは物件の特徴に関する即時の情報提供により、より包括的な視聴体験により物件の見学を向上させることができるのです。                 

例えば、IKEA Placeアプリでいうと、小売業界でARを効果的に活用しているといえます。このアプリを使用することで、ユーザーは自宅内でIKEAのアイテムを視覚的に体験することができます。これにより、商業不動産におけるARの可能性が具体化されるのです。                

デジタルと現実の領域を組み合わせることで、ARは業界の未来を大きく形作ることができる位置にあるといえます。                                      

 

2.ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) と 3D モデリング

ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)と3Dモデリングは、商業不動産業界において革新的な技術の一つです。BIMは、建物の詳細なデジタルモデルを作成し、専門家が協力することで、建設前のコストにおけるエラーを回避することを可能に。              

これらの技術を補完するものとして、LiDARとドローンがあります。

LiDARはレーザー光を使用して正確な3Dデータを生成し、ドローンと組み合わせ、難しいエリアへアクセスすることで現地調査や点検品質を向上させます。                     

MatterportやDroneDeployなどの企業は、すでにこれらの技術を採用しています。

Matterportは現実世界の場所の没入型3Dモデルを作成し、DroneDeployはクラウドベースのドローンマッピングと分析を提供し、現地調査や意思決定の向上に取り組んでいます。           

これらの技術を組み合わせ、意思決定プロセスが効率化されることによってイノベーションの可能性を提供し、商業不動産業界の進歩を推進するのです。                      

 

3.スマートテクノロジーとIoT

IoT(モノのインターネット)は、商業不動産において急速に重要な役割を果たし、よりスマートで効率的な建物の実現を促進しているといえるでしょう。                     

スマートなサーモスタットから高度なセキュリティシステムまで、さまざまなIoTデバイスが監視することで、建物の運用を最適化することができます。 

HoneywellやSiemensなどの企業は、一体化された建物管理システムを提供しており、規制遵守を確保し、室内の空気品質を向上させ、入居者の満足度を向上させることができています。          

さらに、スマートビルディングは、エネルギー効率の目標との一致を図ることができるため、幅広い環境保護への貢献を促進する持続可能性の取り組みを支援することもできます。          

 

4.ブロックチェーン

ブロックチェーンは、その透明性とセキュリティの高さに定評があり、不動産取引において重要なツールとなっています。                                   

スマートコントラクト ー契約条件が直接コードに記述された自己実行型の契約であり、不動産の売買や賃貸契約を簡素化させることができます。また、デジタルウォレットにより、安全で効率的な取引が保証されるといえます。                                 

Propyなどの企業は、不動産業界におけるブロックチェーンの利用を先駆けており、シームレスな国境を越える取引や分割販売を可能にしています。これにより、投資家は不動産の一部を購入することができ、不動産投資をより広く一般化させることができるのです。                

 

5.AIと自動化

AIは、商業不動産業界において顧客サービスの分野を革新しています。AIをCRMシステムに統合させることで、迅速かつ個別化された対応を提供し、取引、販売、マーケティングの効率化をはかる事ができます。                                         

Salesforceは、AIを搭載したCRMプラットフォームを提供しており、文書や請求書の作成などの日常業務を自動化することで戦略的な業務に集中する貴重な時間の確保が可能。            

さらに、AIはチャットボットを活用し、即時の顧客サービスや見込み客の生成能力を提供し、予測分析を支援することで貴重な市場の洞察を提供しています。                    

 

6.デジタルツイン

商業不動産において、デジタルツインとは現実の建物を仮想的に再現したものであり、これによっていくつかの利点がもたらされています。                            

デジタルツインは、メンテナンスの必要性を予測したり、建物の管理と計画に有益な洞察をもたらすだけでなく持続可能性の分析も行うことができます。                      

GE Digitalのような企業は、建物全体や都市インフラをモデル化することができるデジタルツイン技術を提供しており、建物のパフォーマンスをリアルタイムで分析し最適化する能力を向上させています。                                            

この技術は、商業不動産を将来に向けて準備し、スマートシティの発展を促進するための重要なツールとなっています。                                     

 

柔軟なワークスペースへの変革

テクノロジーは柔軟なワークスペースを革新し、現代のビジネスニーズに合わせた費用効果の高い柔軟なソリューションを提供しているでしょう。                         

Compass Officesなどが提供しているコワーキングスペースは、単なる作業スペースだけでなく、多様な専門職コミュニティなどネットワーキングの機会も提供することで成長を遂げています。    

高速インターネット、快適な作業スペース、そして会議室も提供。これらの要素によって成長中のスタートアップや独立したばかりのプロフェッショナル層にとって魅力的な選択肢となっています。  

U-Deskなどのオンデマンドのデスクスペースは、Compass Officesのサービスの一つであり、柔軟な短期間のオフィスソリューションを提供しています。これらのサービスは、フリーランサーやリモートワーカー、の一時的な追加スペースを必要とするビジネスにとって理想的な選択肢であるといえます。                                            

柔軟なワークスペースの登場により、商業不動産技術の姿が変わりつつあります。商業不動産業界の企業はより柔軟な働き方オプションへの移行により、ポートフォリオを多様化し、さまざまなクライアントに対応する可能性を与えています。                           

 

商業不動産のデジタル化への取り組み

不動産のイノベーションの将来を考えると、テクノロジーと自動化が中心になっていることは明白です。                                            

不動産業界が進化するにつれて、不動産AIのようなテクノロジーツールは成長と成功のために不可欠な要素となるでしょう。                                   

しかし、商業不動産におけるテクノロジーの利用は、単にトレンドに追いつくだけでなく、より効果的で持続可能な未来を築くための基盤を築くことも含まれます。また、包括的な未来を実現するための基盤を構築する役割も果たしているといえます。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: