Published: 令和5年10月25日
Updated: 令和6年2月19日
Category: Business & Market Insights

デジタルウォレットで販売収益の向上を図る

None

近年、財布を持つということはあまり重要とされなくなりました。

デジタルウォレットが電子財布として活用され、商品やサービスを購入にあたっての取引ができ、セキュアされているデジタルストレージだからです。

これは、従来の財布のアップグレードバージョンのようで、クレジットカードからクーポンまで、すべての取引をスマートフォンに保存し、処理してくれます。

したがって、デジタルウォレットを理解し、活用することは小売業者にとってはとても重要なこととなります。このツールは、より効率的で便利な支払い方法として提供することができ、消費者に利便性と効率性を訴えかけることができ、売り上げを増加させることができます。

 

なぜデジタルウォレットが小売業者の間でより多くの支持を受けているのか?

デジタルウォレットはもはや個々の取引のための選択肢にとどまらず、小売販売以外の分野にも重要な影響を与えるツールとなっています。

この人気の上昇には多くの要因が寄与していて、これにより小売業者の運営方法と接客方法が変化していると言えます。

セキュリティとより効果的な記録

セキュリティに関する懸念は、デジタルウォレットをますます人気のある選択肢にしました。支払いプラットフォームからの調査によれば、消費者の49%が他の支払い方法よりもデジタルウォレットをより安全と見なしているといいます。

この認識は、主にデジタルウォレットが提供する独自のセキュリティから生じており、オンライン上で常に金融詳細を入力する必要がなく、調査に参加した人の52%が通常不快に感じる行動を排除していると感じています。

さらに、デジタルウォレットはユーザーの支出行動を把握するのを簡素化してくれます。ユーザーは、デジタルウォレットを使用することで、以下のようなことを簡単に尚かつシンプルに理解し、記録することができます:

●    実行中の残高をリアルタイムで確認
●    取引履歴のチェック
●    貯金の目標を設定
●    予算と請求書の支払期日のリマインダーの設定

豊富な選択肢

デジタルウォレット市場の成長に伴い、小売業者には今や多くの選択肢があります。各デジタルウォレット会社は異なるニーズに対応する独自のサービスを提供しており、デジタルウォレット自体を導入する必要があるかどうかではなく、どのデジタルウォレットが各企業のニーズに最適かについての検討が重要であるといえるでしょう。

さまざまなウォレットの機能を調査するだけでなく、小売業者は社内において技術的な能力と利用可能なリソースを誠実に評価する必要があります。これにより、選択したデジタルウォレットを支払いインフラにシームレスに統合することが確実となるわけです。

割高なソフトウェアやハードウェアは不必要

小売業者は既存のテクノロジーを再検討する必要がありますが、デジタルウォレットの導入に高価なソフトウェアやハードウェアが必要であると考えるべきではありません。

それどころか、デジタルウォレットの設定は非常にシンプルで、コスト効果が高いものです。これらは使いやすさを重視して設計されており、個人、小規模ビジネス、大企業のどれにとっても容易に導入できます。この場合の目標は、小売業者が顧客だけでなく、企業の利便性も常に考慮することです。

デジタルウォレットを採用することで、支払い手続きをスムーズにし、顧客だけでなく小売業者自身にも利点をもたらすことが可能となります。

驚くほど簡単

デジタルウォレットの使用は比較的簡単で、グローバルなデータおよびビジネスインテリジェンスプラットフォームであるStatistaが発表した報告によれば、2022年には世界中のオンライン取引の約半分はデジタルウォレットはで使用されました。その多様性から、以下のようなさまざまな状況で便利に使用できます:
●    食品デリバリー
●    交通手段
●    オンラインショッピング
●    請求書やローンの支払い

デジタルウォレットはこれらのさまざまな用途で利用でき、使いやすさが広まりました。この多用途性は、デジタルウォレットの世界的な普及に大きく貢献しているといえます。

小売業者にとってデジタルウォレットの販売促進力

次に、小売業者にとって有望な展望が明らかになります。デジタルウォレットは、顧客の購買体験を変え、購入を最終的に確定し、おそらくはより多くの支出をする可能性を高める役割を果たします。このデジタルイノベーションが小売業界でどのように売上を促進するのか詳しく探ってみましょう。

1.低い承認率に立ち向かう

認証率は、承認された取引と支払いの比率を示し、小売業者の収益に大きな影響を及ぼします。各取引は、顧客の銀行やカードネットワークからの承認プロセスを経なければなりません。このプロセスは、取引が「緑信号」を得て承認され、支払いが完了することによって特徴づけられます。

認証率が低いと、拒否される可能性が高まり、潜在的な売上機会が逃してしまうおそれがあります。

安全かつスムーズな支払いオプションを提供することで、デジタルウォレットは認証率を効果的に増加させ、売上機会の見逃しを完全に回避するのに役立ちます。

2.消費者のニーズに応える

現在の世界人口は80億人を超えており、消費者の支払いの好みが人々自体と同様に多様であることは驚きません。Statistaの報告にも示されているように、今後数年でオンラインショッピングの人気がさらに高まる傾向があり、このような状況では小売業者は多様な支払いオプションを提供することが重要となります。消費者の多様なニーズに対応するため、小売業者はさまざまな支払いオプションを提供することが不可欠となるでしょう。

デジタルウォレットを支払い方法として採用することで、小売業者は多様な顧客のニーズに適切に応え、利便性を向上させ、購買体験を向上させ、さらなる売上を生み出すことができます。

3.モバイルコンバージョン率の向上

商業メディアプラットフォームCriteoが2015年第1四半期に公表した「モバイルコマースの現状」報告によれば、2015年の第1四半期において、モバイル電子商取引は世界の購入の34%を占めていました。この成長傾向を活かすために、企業はモバイルコンバージョン率を向上させる必要があります。モバイルコマースはますます重要性を増し、モバイルユーザー向けのウェブサイトやアプリの使いやすさ、購入体験の向上が鍵となります。

今日のデジタルウォレットは、小売業者にとって高いモバイルコンバージョン率と顧客の忠誠度の向上の両方を実現しています。

これは、すべてが顧客の個人用モバイルデバイスに便利に格納されているため、一層実現が可能となることでしょう。

4.カート放棄率の減少

オンライン小売業者にとって最も懸念すべき問題の一つは、ショッピングカートの放棄です。幸運なことに、デジタルウォレットを導入することで、取引の際の摩擦を削減し、透明でスムーズな支払い体験を提供することで、これに対処できます。ショッピングカートの放棄を引き起こす要因には以下のようなものがあります:

●    オンラインでのクレジットカード取引への不信感
●    複雑な支払いとチェックアウトプロセス
●    隠れた負担費用
●    希望支払いオプション不足

5.セキュリティ要件の増加

デジタルウォレットは、顧客と小売業者の双方にとってセキュリティを向上させてくれています。顧客はOTP(ワンタイムパスワード)やマルチファクタ認証などの追加のセキュリティ機能を利用することができるからです。

小売業者にとって、デジタルウォレットの利用は、注文の際の顧客認証と前払いを確保することができ、詐欺行為などのリスクを軽減することが可能です。その結果、小売業者を詐欺による返品、損害請求、およびキャンセルから保護する役割も果たします。

6.誰もが受け入れられる雰囲気の構築

デジタルウォレットは、QRコードスキャンや近距離通信(NFC)などの革新的なテクノロジーを活用して、身体的な制約のある人々にとっても取引をより利用しやすくします。これにより、すべてのユーザーにとってアクセス可能でシームレスな支払い体験を実現し、包括性の向上に一歩近づけます。

 

まとめ

デジタルウォレットの普及度は明白です。これは現代の消費者にとっての新たな解決策であり、売上向上を望む小売業者にとっても大きなメリットがあります。高いセキュリティ、利便性、多彩な支払いオプション、包括性などが、デジタルウォレットの採用により小売業界全体に革命をもたらしています。デジタルウォレットの活用によって、小売業者は顧客満足度を向上させ、売上を増加させ、競争力を維持できるでしょう。

デジタル時代の進化が進むにつれて、デジタルウォレットの役割は小売業者の成功により大きな影響を及ぼすでしょう。デジタルウォレットはますます小売業界において欠かせない要素となり、顧客満足度向上と売上増加に貢献することとなるでしょう。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: