Published: 令和5年11月15日
Updated: 令和5年12月1日
Category: Health & Wellness

デジタルデトックス必読ガイド:なぜ?どのように?距離を置くのか

None

電子音もなく、気を引く画面もない一日。そして、心は平穏 — これがデジタルデトックスの本質です。当社の包括的なガイドは、あなたがデジタルデトックスの充実したプロセスを経るのをサポートし、デジタルライフにバランスを取り戻すのに最適です。デジタルやウェブから自由になり、より意味深く世界と再び繋がるために、実践的なステップを心がけましょう。

 

デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスは、電子機器から意識的に休憩をとることを指し、電子メールやビデオゲーム、そしてソーシャルメディアやテレビまで、さまざまなデバイスの使用を控えることを意味します。ストレスや幸福感の減少につながることがすでに理解されている中で、この実践は、デジタルが及ぼす私たちの生活に与える否定的な影響を改めて認識することを可能とします。
 
Statistaによる調査によれば、アメリカ人の間でのデバイス中毒とストレスレベルの上昇には明確な関連があると言います。デジタルデトックスを行うことは、デジタルの乱用を減少させ、全体的な生活の質を向上させ、デジタル技術とのより健康的な関係を築くための道標で守ります。

デジタルデトックスには以下のようなものが含まれます:

•           メールの確認
•           モバイルアプリやビデオゲームの使用
•           ソーシャルメディアの回覧
•           テキストメッセージの送受信
•           スマートフォン、タブレット、または他の電子機器の使用
•           テレビ鑑賞

 

デジタルデトックス:なぜ近年重要なのか?

現代社会ではテクノロジーが絶えず進化し、画面から離れる時間を見つけることがますます難しくなっています。

元モルガン・スタンレーのインターネットアナリストであるメアリー・ミーカーによると、フィリピンのユーザーは平均して1日531分もの時間を画面に費やしています。これは世界的に見ても最も高く、そして、インドネシアが540分でトップになっています。

しかしこの傾向は地域に限ったものではありません。オーストラリア人の平均画面利用時間は396分、ポーランドは381分です。イギリスの子供の平均画面時間は1995年から今日までに2倍以上に増加し、現在は1日のうちの6.5時間に達しています。

これらの驚くべきデバイス使用時間の統計は、世代の傾向における大きな変化を示しており、デジタルデトックスの必要性が浮き彫りにされています。デジタル時代が幼少期から成人までオンラインの関与を一層根付かせつつある中、Z世代およびミレニアル世代の働き手のほとんどが仕事のコミュニケーションに勤務後も縛られていると、Zapierの調査を引用したフォーブスの報告が明らかにしています。

そのため、デジタルデトックスは精神の健康を守り、生産性を維持し、個人間のつながりを築く上で極めて重要なのです。これはリセットボタンのような役割を果たし、個々がオンラインとオフラインの生活の境界をうまく調整するのに役立ちます。

 

デジタルデトックスの利点とは?

デジタルデトックスを始めることは、身体の健康、思考の明晰さ、そして個人間の関係の豊かさにわたる多くの利点をもたらします。

●    身体とメンタルヘルス: 画面使用時間を減らすことは、より健康的な自己イメージを促進し、目の問題や姿勢の悩みなど、体にかかる物理的な負担を軽減します。さらに、夜間のデジタルスクリーンからの距離を置くことで、脳がメラトニンを自然に放出することができ、気分の調整など全体的に健康へと導き、質の良い睡眠を促進します。
●    生産性の向上: デジタルデバイスはその有用性にもかかわらず、しばしば時間の無駄使いになります。使用を制限することで、無駄な時間を取り戻し、責任や情熱において集中力を高め、効率を向上させることができます。
●    質の高い人間関係: デジタルデトックスは、デジタルの簡易的な邪魔を排除し、直接的な相互作用を奨励することで関係を活性化させることができます。その利点には以下が含まれます:
●    実際に、直接相手側といる対面時間は親密さと共有の経験を向上させます。
●    スクリーンよりも関係を優先することで、愛する人との時間が豊かになります。
●    デジタルを排除した対話は、より意味のある身体的な関与をもたらします。
●    寝室と食事の場が休息とつながりのための聖域になります。
●    スクリーンのない共有の活動は心の絆を強化します。

 

電子デトックスへの4つのステップ

あなたは、デジタル世界の絶え間ないつながりが生活の静かな瞬間を圧迫していることに気づきました。デジタルデトックスは新鮮な空気のようなものですが、慎重にアプローチする必要があります。急激に切断することは、解決しようとしている問題と同じくらい日常生活に乱れをもたらす可能性があります。

それを泳ぐことに例えてみましょう:浅瀬で慣れることから始めて、深い水に飛び込むのではなく。画面から離れて1時間過ごすことから始め、これを日々や週ごとに徐々に延ばしていくことが重要です。この方法論的な削減と持続的な努力は、離脱症状を減少させ、困難な状況に直面した際にモチベーションを保つのに役立ちます。デジタルと現実の生活を調和させるリズムを見つけることです。

始める準備はできていますか?以下は、最初の数歩を踏み出した後に失敗のリスクなくこの方法を進めるための4つの戦略的なステップです。


1.使用時間の評価

デジタルデトックスには、デジタル習慣を理解し自身で評価することが不可欠です。デジタルの実践には、学習のためにデバイスを使用するような有益なものから、意味のないスクロールや過度な座り込みなどの有害なものまで、テクノロジーを使用するすべての活動が含まれます。

習慣を評価するためには、画面時間のトラッキングアプリを使用することを検討してみてください。Androidの「Digital Wellbeing」とAppleの「iOS Screen Time」は、デバイスの使用状況を監視するための組み込みのツールで、時間の使い方に関する貴重なデータを提供してくれます。

より集中的なコントロールのために、「Social Fever」はソーシャルメディアの使用を減らすことを目指しています。もう一つのアプリ「Space」は、電話の使用を日常生活とバランスをとるのを助けます。
これらのツールは、健康的でないデジタル行動を特定し抑制するのに不可欠であり、健康的な使用パターンに導き、デジタルデトックスに積極的に寄与しているのです。


2.デジタルとの境界線を設定

テクノロジーとの境界を設定することは、幸福とデジタルデトックスで成功するために重要です。以下はその実現方法です:

●    デバイス禁止ゾーン:ベッドルームを睡眠とリラックスのために、ダイニングルームを食事と会話のために、アウトドアスペースを気晴らしやストレスのない自然の楽しみのために指定して、存在感を高めることでストレスを減らすことができます。
●    決められた休憩:通知の邪魔なしで食事を楽しんだり、夜を家族の活動に充てたりするなど、定期的なテックフリータイムを導入して再調整します。
●    癒しのナイトタイム:デジタルデバイスを除外した睡眠の質を向上させるための寝る前の習慣を採用します。これには本を読んだり瞑想などが含まれ、心を一日のデジタルな刺激から解放します。
これらの意識的な練習は、日常のスケジュールに組み込むことで、バランスの取れた生活への境界を強化し、テクノロジーが私たちに奉仕してくれる一方で心の平和を侵害しないようにします。


3.デバイスを持ち歩かない

デバイスなしの活動に参加することで、感覚を活性化し他者との絆を強化できます。手作業や知的な関わりを必要とする趣味、例えばガーデニング、絵画、または楽器の演奏などに取り組むことは、デジタルのざわめきからの充実した逃避を提供してくれます。

ハイキング、バードウォッチング、または地域の清掃活動への参加などのアウトドア活動は、身体の健康を向上させ、自然とのつながりを深めます。

対面での社会的な相互作用は深さと質を持ちます。ゲームナイトを企画したり、読書クラブを組織したり、地元のスポーツイベントに参加したりすることで、コミュニティの構築と個人の相互作用が奨励されます。

これらの活動はデバイスからの爽快な休息を提供し、現実の世界に触れることのできる、心温まる経験によって豊かなライフスタイルを促進します。


4.デジタルマインドフルネス

デジタルマインドフルネスは、テクノロジーとの意図的な関与であり、終わりのないデジタル使用に屈せず、画面使用時間に意味と目的を持たせることです。

これは一度に一つの行動に注意を払うようにし、達成感と意味のある仕事を育むことです。

瞑想技法とマインドフルネス瞑想をデジタル習慣に取り入れることで、ソーシャルメディアによって引き起こされる強迫的な行動に対抗できます。

デジタルの使用においてマインドフルネスを実践することは、画面使用時間がツールではなく気晴らしになる瞬間を認識し、テクノロジーが私たちの生活で肯定的な力であり続けるように、意味のある使用をすることです。量よりも質を重視し、各デジタルの相互作用に意味があり、有益であることを確認すると良いでしょう。

 

進歩を把握しながら専念するには?

結果を生み出す持続可能なデジタルデトックスの取り組みは、進捗の追跡と目標への認識が重要です。以下は、日々を把握し、進むべき方向を維持するための方法です:

●    日記をつける: 毎日の画面使用時間を記録し、デジタルの相互作用の質について振り返ります。この記録はゴールへのリマインダーとなり、習慣と進捗に対する洞察を提供します。
●    認識とリワード: 画面時間の削減におけるマイルストーンを祝いましょう。ソーシャルメディアを見ない日や画面使用時間の制限を守った1週間など、達成したことをを認識し、それに見合う自分へのご褒美をしてみましょう。
●    アカウンタビリティ・パートナー: バランスの取れたデジタルライフを志向する誰かと協力し合いましょう。家族、親戚、友達、同僚などがこれに該当します。彼らはモチベーションとサポートを提供し、あなたも同じことをして相互に励まし合うことで、共に成長できます。

これらの戦略を実践することで、デジタルデトックスの進行を維持し、テクノロジーとの関係に意味のある変化をもたらすことができます。

 

まとめ

デジタルデトックスは、過度なデジタルとのつながりから解放され、より健康で意識的な生き方への道を提供します。この実践を受け入れることで、私たちは健康、生産性、個人的な人間関係を向上させることができます。

これはテクノロジーとの持続可能でバランスの取れた相互作用を築くことであり、日記やアカウンタビリティ・パートナーシップといった戦略を用いて進捗を確認することができます。デジタルのバランスを見つける過程で、これまでの生活をシンプルでフィルターのかからない瞬間の喜びで再発見することが可能です。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: