Published: 令和3年6月16日
Updated: 令和5年12月29日
Category: Office Solutions

サービスオフィススペース活用のメリット6つ

None

サービスオフィススペースは、オフィススペースの使用状況を変えました。従来のオフィスが持つ制限を取り払い、より有益なモデルを提供します。事業の拡大を図る場合でも、運用モデルの柔軟性を維持する場合でも、このタイプのサービスワークスペースには、皆様が必要としているソリューションが用意されています。

サービスオフィスとは何ですか?

多くの人(特にこのような設定に慣れていない人)は、サービスオフィスの意味に混乱しています。サービスオフィスは一般的に、フレキシブルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、エグゼクティブオフィスといった様々な名称で知られています。しかし、それらはすべて、運営会社により管理され、設備の整った、柔軟なリース期間利用できるオフィススペースであるという1つのことを指しています。
 
企業はビジネスニーズに応じて、単一のオフィススペースまたはフロア全体を借りることができます。レンタルを開始すると、企業は通常通りオフィスを設置した場合と同様に、プライベートスペースやオフィス対応スペースにアクセスできます。

フレキシブルオフィスの利点

柔軟なワークスペースのメリットを詳しく理解すると、フレキシブルオフィスに変更する場合の価値について理解することができます。ビジネスを拡大する場合や、運用コストを節約する方法をお探しの場合でも、サービスオフィスについて熟知する場合、そのメリットが見えてくるはずです。

1. 設備が完備された施設へのアクセス

サービスオフィスの主なメリットの1つは、設備の整った施設にアクセスできる点です。多くのビジネス組織は、ビジネス用スペースを作るのに多大な費用がかかることを知っています。ITインフラストラクチャーから家具の設置まで、費用はすぐに加算されます。
 
サービスオフィスを選択する場合、その心配はありません。家具、電話回線、インターネット接続などのITインフラストラクチャー、会議室、受付などが、すでに用意されています。業務に必要な最新のリソースがすべて確保され、オフィスを自分で設定する際の負担がなくなります。
 
そのため、ビジネスの中核的な側面を処理することだけに集中でき、生産性レベルを上げることができます。また、清掃やメンテナンス作業を心配する必要もありません!
 

2. 柔軟な短期レンタル

フレキシブルオフィスのもう1つの利点は、必要な期間、または短期間スペースをレンタルできることです。この種のオフィススペースを使用している企業は、この点が主な利点の1つであると言われます。長期リースの場合、オフィススペースを自分で設置しなければならないため、非常に面倒です。施設の設立費用を考えると、多くの企業は長期賃貸契約(5年~10年)を選びます。長期的な契約であるため、ビジネスとして成長または縮小する場合、柔軟に対応することができません。 
 
フレキシブルオフィスは、特にビジネススペースがどのくらい必要であるかを把握しようとしているスタートアップや小規模企業に利点をもたらし、ビジネスニーズの柔軟性を提供します。長期契約の代わりに、月額契約が可能です。毎月の支払いで、一定期間必要なスペースに応じて調整できます。
 
すぐにでも自由に拡大または縮小でき、必要に応じて柔軟に調整できます!

3. 手頃な価格

スタートアップや成長中のビジネスにとり、柔軟なオフィススペースが提供する潜在的な節約コストは非常に魅力的な点です。IT機器やネットワークインフラストラクチャーを入手するための費用は、予算の大半を占める可能性があります。さらに、最新バージョンのインフラストラクチャーを確保するためにかかる更新費用およびメンテナンス費用を負う必要があります。これらのすべての要因は、収益や予算に大きな影響を与える可能性があります。
 
家具付きの設備、フレキシブルオフィスへのアクセスは、このような予算に関する負担を緩和します。必要に応じて拡大または縮小できるため、金銭面でのビジネスへのプレッシャーが減り、事業の成長に集中できます。

4. 柔軟なロケーション

一等地やビジネスセンター内にオフィスを設置すると費用がかかります。このようなロケーションでの賃貸は非常に高額です。フレキシブルオフィスが提供するもう 1 つの利点は、最良のロケーションでも、ご自身でビジネススペースを借りる費用のほんの一部で、一等地の法人住所 を得ることができる点です!
 
柔軟なロケーションという選択肢が持つもう一つの利点は、新しい市場をテストできる点です。競争の激しい市場に参入するビジネスを可能にし、ご希望の場所に拠点を置くことができます。世界中の主要都市など、さまざまな場所に拠点を置く絶好の機会です。

5. ダウンタイムなし

新しいオフィスに移転する場合、事業を一時停止して再開するまでに多くの時間が必要となります。移転準備開始時点から、作業に必要なITインフラストラクチャーを設定するまで、数日~数週間(オフィススペースのサイズや組織のニーズに応じて)かかります。
 
サービスオフィスのように柔軟にスペースをレンタルする場合、このように時間を無駄にすることはありません!オフィススペースには、すでに設備が完備されているため、必要となる作業は引っ越しのみです。従業員はすぐに仕事に取り組むことができ、スケジュールが中断されることはありません。

6. あらゆる種類のビジネスに適しています

スペースの柔軟性は、ここで終わりではありません。サービスオフィス費用面での利点に加え、利用者のタイプの柔軟性ももう一つの利点です。フレキシブルオフィスの利用で恩恵を得る人々は、スタートアップから拡大中の事業、プロジェクトベースのチームまで、多岐に及びます。成長を遂げ、新しい人材をチームに追加する企業は、一時的なスペースとして利用することができます。
 
このようなオフィススペースの利用方法、恩恵を受ける企業に関して制限はありません。借り手のニーズと同様に柔軟です。フレキシブルオフィスのプロバイダーは、企業のビジネス目標に合ったサービスや設備、ビジネス対応のオフィススペース、企業独自のビジネスニーズに合わせてカスタマイズできる幅広いソリューションを提供しています。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: