Published: 令和5年12月19日
Updated: 令和5年12月26日
Category: Flexible Office Space , Flexible Workspace , Business & Market Insights

フレックスオフィス業界における5つの主要なトレンド2024年以降

None

柔軟なワークスペースは、ここ数年で大きな変革を遂げています。フリーランサーや独立した専任の人々、起業家が利用する場所から、現代の企業風景の重要な要素にまで変化しました。その人気の急増は、コスト効率、適応性、従業員の福利厚生、技術の進化、そして世界的なパンデミックが働き方に与えた影響など、多岐にわたります。これらの変化を一気に航海する中で、柔軟で効率的なワークスペースは企業の発展において基本的な要素となっています。

市場調査会社であるSpherical Insightsによると、フレックスワークスペースの世界市場規模は、2022年の432.3億ドルから2032年には1,326.7億ドルに達すると予測されています。これにより、フレックスワークスペース市場は上昇する一方で成長を続けていることが示されています。さらに、2023年に大手の柔軟なオフィススペースプロバイダーが過去最高の利益を上げていることから、2024年もこの産業にとって大きな年になることは明白です。柔軟なオフィスソリューションへの需要は、単にリモートワークの台頭に刺激されただけでなく、ビジネスがワークスペースの要件をどのように認識しアプローチするかにおける根本的な変化を反映しています。

 

近年のフレックスワークスペース市場の需要

2023年、柔軟なオフィススペースへの需要が急増しており、顧客はこれまで以上に多様化しています。成長するビジネスの拠点を求める小規模企業から、プロジェクト作業にデスクが必要なフリーランサー、またプロジェクトチームが集まるための独立したスペースを求める大企業まで、様々なニーズを持つ人々が柔軟なオフィススペースを利用しています。

興味深いことに、Savillesによると、100席以上の場所を探している企業からの問い合わせは、パンデミック前の水準と比較して年々50%増加しています。大手企業も柔軟なワークスペースに投資しているのです。

これは、JLLの報告書がフレックスワークスペース産業が2030年までにすべてのオフィススペースの30%を占める可能性があると示唆した時期でもあります。これは、これらの種類のワークスペースが今後数年で多くの企業にとって優先事項になる兆候であることを明確に示しています。フレックスワークスペースが提供する多様な柔軟なオプションで、企業はオペレーションをシームレスに拡大し、常に変化する現代のビジネスランドスケープに適応できます。

リモートワークが一般的になってきている今日この頃、組織はオフィスでの勤務と柔軟性のあるリモートを組み合わせたハイブリッドモデルを探求しています。この変化により、これら進化するニーズに対応できるフレックスワークスペースプロバイダーへの大きな需要が生まれているといえます。この需要の急増は、単にパンデミックなどの外部要因への対応だけでなく、多くの企業が自らの運営方法を完全に見直していることを示唆しています。

 

2024年よりフレックスワークスペース産業を先導するであろう動向

フレックスワークスペース産業は、わずか数年前とはまったく異なる姿を見せており、今後数年でさらなる変化が期待されています。

2023年の予測を振り返った結果、以下は2024年以降にこの産業に影響を与えるであろう主要なトレンドのいくつかです。


ウェルネス重視のワークスペース

デロイトによって特定された注目のトレンドの一つは、従業員の健康と幸福感に引き続き重点が置かれ、フレックスワークスペースのデザインや設備に影響を与えると予測。もし人々がこれらのスペースで大部分の時間を過ごすのであれば、それらはモチベーションを感じさせ、生産的であるように設計されるべきであると述べています。

共有スペースで働く人々のウェルネスを促進するためには、緑地、自然光、そしてウェルネスプログラムなどの要素を組み込むことが重要です。これらは既に企業が優秀な人材を引きつけ、維持するために行うべき取り組みですが、共有ワークスペースはまた、これらの設備を提供する方法を考えるべきです。これによって大企業がそのスペースに対して支払いを行う際にも魅力的な要素となるでしょう。

従業員の幸福と生産性の関連性が強いことに多くの企業が気付くにつれて、これらのウェルネス中心のスペースはワークスペースデザインの最前線に位置すると推定されています。


カスタマイゼーション技術

翌年以降、パーソナライズされたユーザーエクスペリエンスのためのテクノロジーの統合が勢いを増すでしょうが、その本格的な展開は2024年になるでしょう。既にマッキンゼーはパーソナライゼーションがこの数年で成功の主要な要因となるだろうと述べており、フレックスワークスペースがこれを早期に採用できれば、これらが優位な立場に立つことになります。

スマートオフィスアプリケーションからAIによるワークスペースのカスタマイゼーションまで、技術は柔軟なワークスペース内の機能性や全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させる上で中心的な役割を果たすと予測されています。

既に企業は、自らの運営を最適化する方法を模索しています。この点で、フレックスオフィススペースは企業にさまざまなワークスペースの解決策を提供しています。例えば、Compass Officesなどのフレックスワークスペースの運営者は、エンタープライズ向けのITインフラや会議設備などのITサービスを提供し、企業の多様なニーズに応えることができます。


特定の専門領域や業界に特化した短期オフィススペースの増加

共有ワークスペースは幅広いビジネスのニーズに対応するように設計されましたが、今後は特定の業界に焦点を当てたワークスペースが増加すると予測されています。

この新しいトレンドは、多様なセクターの独自の要件に対応する専門環境への需要を示唆していると言えるでしょう。これらの特定の業界向けにニッチなスペースを設計することで、フレックスワークスペースはコラボレーション性を促進し、業界特有のイノベーションに適した環境を作り出すのに役立ちます。

例えば、芸術のためのクリエイティブハブやスタートアップ向けのテクノロジーセントリックなスペースなどが考えられます。どの業界であっても、フレックスワークスペースの景観は、短期間のオフィス利用において様々なプロフェッショナルのニーズに対応するために多様化すると予想されています。


サステナブルなデザインと運営

地球への人間の環境影響にますます焦点が当てられる中、持続可能な実践は柔軟なワークスペースのデザインと運用において不可欠な要素となります。

これは2024年にすでに多くの国が近い将来にゼロエミッションを目指すことに署名しているため、全ての産業に影響を与えるトレンドであるでしょう。異なる国々が目標を達成しようと奮闘する中、フレックスオフィススペースを含む企業も環境のために一役買う必要が出てきます。

フレックスワークスペースの提供者が環境に優しいイニシアティブ、エネルギー効率、および環境への影響の低減に焦点を当てることが重要です。これにおいて、空間のデザインを見直し、暖房や水などを制御するためのエネルギー効率の高いシステムを導入し、利用者への再利用可能なカップの使用、ペーパーレス化、スペースの利用が終わったらライトを消すなど、エコフレンドリーな選択肢を促進することが実現できます。

持続可能性にますます興味を持つ人々が増える中、緑のデザインや運用プラクティスを取り入れたフレックスワークスペースが注目を集める可能性がさらに高まるでしょう。


テナントが求めるオフィススペースへの多くの柔軟性

最近の数年間で、Savillsが見てきた主な変化の一つは、オフィススペースにおいて柔軟性に対するニーズが高まっていることです。より多くの利用者がこれらの共有スペースでいつどのように仕事をするかをより細かく制御できるように、柔軟なリース条件を望んでいます。これは、さまざまな企業がハイブリッド ワークに取り組み、スペース要件を評価する手段の変化となるでしょう。

最終的に、企業はオフィスの長期レンタルでも短期レンタルでも、できる限りコストを節約したいと考えています。 フレックスワークスペースを使用すると、ホットデスクを使用でき、従業員が使用したスペースの料金のみを支払うことができます。 オフィス、共有ワークスペース、または自宅でどれだけの時間を過ごすかを従業員と協力して決定する場合、厳密な賃貸契約を設けることは大きな欠点となる可能性があります。

 

まとめ

フレックスワークスペース業界は 2024年も成長を続けると予想されており、さまざまな企業でさらに広く利用されるようになるでしょう。

今後数年間、ウェルネス、テクノロジーのカスタマイズ、柔軟性が業界内の主要な推進力の一部になると予想されます。 何が起ころうとも、俊敏性と機能性の要素を備えたフレックスオフィススペースの未来は、日々有望なものとなっていくことが予想されています。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: