Published: 令和4年3月22日
Updated: 令和4年4月20日
Category: Hybrid Working , Business Trends

メタバースをわかりやすく解説!働き方にメリットをもたらす?ビジネス活用例を紹介

None

世界のハイテク大手が最先端テクノロジーを導入して話題になっているメタバース。

そもそも「メタバース」とは一体何なのか、ビジネスや働き方にどのようなメリットをもたらすのか、活用例などをわかりやすく紹介します。


メタバースの定義とは?

メタバースの注目は、2021 年の Facebook 社の「Meta」への社名変更をきっかけに急激に高まりましたが、そもそもメタバースの言葉の意味や定義は何でしょうか?

メタバースの言葉は、「超越した(meta)」と、「宇宙(universe)」を合わせた造語で、コンピューターやネットワーク上に構築された三次元の仮想空間を意味します。 

従来のインターネット空間は、画面越しのコミュニケーションで二次元の世界でしたが、メタバースは「次世代のインターネット空間」と言われ、デジタル空間で現実空間の人や物、場所を再現する世界です。

例えば ZOOM で会話するのは二次元であり、離れた場所から会話はできますが、他の場所へ一緒に行って何か活動するということはできません。メタバースでは、私たち利用者はアバターを使って、仮想空間に入って一緒に交流し、活動することができます。

メタバースは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)などのテクノロジーをはじめ、人工知能 (AI)、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーンなど最先端の技術が取り入れられています。


メタバースが活用される例

三次元の仮想空間で活動できるメタバース、実際にはどのような活用例があるのでしょうか?日本企業の例も見てみましょう。

  • フォートナイト(Epic Games)

世界的に人気のオンラインゲームですが単なるゲームの枠を超え、ファッションブランドとコラボをしてバーチャルと現実の服を販売する試みや、人気ミュージシャンがライブコンサートを開催し、世界中から 1000万人以上が臨場感のあるライブをリアルタイムで楽しみました。

  • バーチャルマーケット(HIKKY)

ギネス世界記録に認定された日本の「バーチャルマーケット2021」は、BEAMS や大丸松坂屋など有名店が出店し、100 万人を超える人が来場。スタッフが各地からメタバース上で勤務するという新しい働き方が話題になりました。

  • REV WORLDS(三越伊勢丹)

伊勢丹新宿店や実際の新宿の街の一部エリアを再現した仮想都市にアクセスできショッピングも楽しめるサービス。いつでもどこからでもリアルな店舗を体験でき、アバターなので人目を気にせず買い物が楽しめます。

ゲーム、エンターテイメント、ショッピングの他に、メタバースはビジネスシーンでの活用も増えると期待されています。

  • Horizon Workrooms(Meta / 旧 Facebook)

VR ヘッドセット「Oculus Quest 2」で利用できるビジネス会議用 VR システムです。同じ空間にいる感覚、相手がいる方向から声が聞こえてくる立体感があり、ビデオ会議特有の遅延が短く違和感が少ないなどの特徴があります。ヘッドセットがない人もビデオ通話でミーティングに参加できます。

  • Mesh for Microsoft Teams(Microsoft)

リモートワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワークを支援する Web 会議ツールの「Microsoft Teams」に、2022 年メタバースを活用してコミュニケーションできる Mesh がリリース予定です。

 

仕事にメタバースを取り入れるメリット

メタバースは新たなビジネスチャンスとしての可能性、職場に導入して働き方を改善するなど様々なメリットが期待されています。

  • 新しいビジネスの実現

メタバースでは、世界中を市場として商品を販売、サービス提供、イベントの開催ができます。さらに仮想通貨を使った資産運用も可能です。ゲームやバーチャルライブは今後さらなる拡大が予想されています。

そして、Meta(旧 Facebook)社や Microsoft 社が Web 会議ツールに力を入れているように、職場にメタバースを取り入れることは、リモートワークの問題の解消に役立つと見られています。

  • 臨場感のあるコミュニケーション

仮想空間でリアルに近いコミュニケーションが取れ、ビデオ会議とは比べ物にならない臨場感により、同僚と同じ空間を共有して対話をしている感覚が体感できます。

  • 会議・共同作業を円滑に

メタバースの会議室では、ホワイトボードに文字を書くことができたり、自分のパソコンを表示させて共有したり、操作することもできます。仮想空間に入るため没入感があり、周囲に気が散ることがなくメンバーだけで集中できるのも利点です。

メタバースのオフィスで会議をするだけでなく、休憩室で雑談したり、廊下を移動する時に他の部署のメンバーと出会い交流するなど、従来の Web 会議以上の体験がもたらされる可能性も秘めています。

 

まとめ

今後は、オフィスかリモートワークなのかという選択だけではなく、メタバースで働くという新たな働き方も選択肢になると予測されています。

まだ多くの企業がメタバースを導入するのは現実的ではありませんが、リアルかバーチャルかに関わらず同じ空間に集まる重要性は再認識されているといえます。

急速な環境の変化と市場の動向に俊敏に対応するためにアジャイルワーキングを取り入れ、生産性の高い働き方を追求することは主流となると考えられています。従来のオフィス契約から、シェアオフィスやフレキシブルなワークスペースに移行する企業が増えています。

コンパスオフィスは、東京都内でさまざまなフレキシブルオフィス企業向けソリューションを提供しています。お客様のチーム、組織に最適なワークプレイスを見つけるために、ぜひコンパスオフィスにご相談ください。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: