Published: 令和4年3月31日
Updated: 令和4年5月27日
Category: Entrepreneurship , Productivity

フリーランスに仕事依頼するメリット・デメリット&外注を探す・雇う時に注意すべき点

None

働き方の新しい常識として、より多くの企業がハイブリッドワークに移行しています。私たちの生活様式や働き方の変化にともない、日本ではフリーランス産業がますます増加していくと考えられています。
この記事では、1.企業がフリーランスを採用すべき理由とは何か、2.フリーランスに外注するメリット、3.フリーランスを採用する際の注意点、について見ていきましょう。


フリーランスとは

特定の組織に所属せずに、個人がスキルを提供し、クライアントから報酬を得る“働き方” がフリーランスの定義です。フリーランスは個人事業主または法人として登録し税金を納めれば、副業としても可能です。


フリーランスの仕事の種類

フリーランスの職種は多種多様で、カメラマンやクリエイティブなデザイナー系、接客や営業、ユーチューバーやヨガインストラクターなど幅広くあります。
働き方改革やコロナ禍など私たちの環境の変化から、昨今はフルリモートで完結できるフリーランス職種の人気が高まっており、依頼する企業も増えているとされます。
注目されるフリーランス職種は、システム開発、プログラマー、Web デザイナー、グラフィックデザイナー、UI/UX デザイナー、Web コンサルタント、IT エンジニア、Web マーケター、Web ディレクター、データサイエンティスト、動画編集者、コピーライター、翻訳者などたくさんあります。 


フリーランスを雇う・外注すべき理由

特にスモールビジネスにとって、業務の一部をフリーランスに依頼した方が良い理由は何故でしょうか?
小規模ビジネスやスタートアップは特にスピード感が求められますが、雑務をこなすのに時間を取られていては、最も重要な業務を遂行することができません。なんでも自社の人員でやり遂げようとせず、外注できるタスクを洗い出してフリーランスを活用すると、従業員の生産性を向上させられます。
また、臨時の短期的な新規プロジェクトにおいて、社内人材に不在の知識や技術を必要とする場合、一時的にそのスキルを持った人を雇えることはシンプルな解決策となります。
自社のウェブサイトやマーケティング資料、ソーシャルメディア発信など、ブランド構築のために本来は重要な部分が、その他の業務に追われてほとんど注力できていない場合、速やかにプロに外注を検討した方が良いでしょう。

 

フリーランスに仕事を依頼するメリット

専門的なスキルがある人を必要に応じて一時的に活用できるため、企業にとっては小回りが利く、様々なメリットがあります。

  • 即戦力を確保でき、スピーディーに進む
  • 小さな業務や短期間のプロジェクトなど柔軟に人員を調整できる
  • 既存の従業員は負担が緩和され、コア業務に注力できる
  • 人材不足解消、人材育成の時間・コスト削減ができる 

 

フリーランスを採用する際の注意点

フリーランスに依頼してビジネスを成功させるために知っておくべきポイントを見ていきましょう。

1. 依頼したい仕事内容と期待する結果を明確にしておく
フリーランスに対して自社の従業員と同じような感覚でいると認識のズレが生じる場合があります。事前にマニュアルを用意したり、依頼内容と報酬について明確にしておくことが契約前の基本です。セキュリティのリスクも考えて企業側が対策を準備しておく必要があります。


2. 人材の見極めとコミュニケーション
短期的とはいえは、リモートであってもオンラインで面接やミーティングを行い、自分たちが期待する人物像であるか確認することは大切です。実績を確認して、やりとりが円滑に取れる人かも重要です。行き違いを防ぎ、成果の質を上げるためにも、疑問があったらお互いその場で解消していけるコミュニケーションが必須となります 。


 3. フリーランス検索サイト・求人媒体を検討する
フリーランス探すプラットフォームを複数比較して、手数料や使い勝手など合うものを見極めましょう。検索サイト(クラウドソーシング)は大手のランサーズやクラウドワークス、他にもITプロパートナーズやクラウドテックなどのエージェントもあります。

 

まとめ

プロのフリーランスを雇うことで、企業は資金を費用対効果高く使うことができ、変化の速い市場での競争力を維持することができるでしょう。
フリーランスの活用が増えるということは、企業のリーダーが常に社内・社外のワーカーを調整し、俊敏に変化することが求められています。柔軟に働く環境を整えられるフレキシブルオフィスは、期間や規模をニーズに合わせて変更でき、最新の設備をコストを抑えて利用可能で企業にとって利便性の高いワークプレースです。注目を集めるオフィス戦略 ABWのような働き方にも対応できます。
コンパスオフィスは、東京都内の魅力的なロケーションでフレキシブルオフィスソリューションを提供しています。お気軽に、お電話または問い合わせフォームよりご相談ください。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: