Published: 令和3年10月25日
Updated: 令和4年5月27日
Category: Office Space , Serviced Office Space , Serviced Office , Flexible Workspace

シェアオフィスを利用するメリットとは?選ぶ際のポイントを解説

None

世界中でシェアリングエコノミーが急速に拡大し、インターネットを介して個人間でさまざまなものを共有することが、私たちの生活にすっかり浸透してきました。

この記事では、ビジネスの視点から見たシェアリングエコノミー、日本のシェアオフィスの定義、メリット・デメリット、その活用についてくわしく解説します。

 

シェアオフィスとコワーキングスペースの違い

働き方改革により、シェアオフィスやサテライトオフィスの利用、テレワークや在宅勤務の導入など、新しい働き方への注目が急激に高まりました。

柔軟な働き方を実現するフレキシブルオフィスの代表である、シェアオフィスとコワーキングスペース、分かっているようで説明するのは難しい、という人も多いのではないでしょうか?似ているようで異なる、二つの定義を見ていきましょう。


シェアオフィスとは

シェアオフィスは、複数の企業または個人で、オフィススペースを共有することを意味します。

開放的なスペースで、空いている席を自由に利用できるフリーアドレス形式が多く、オープンな印象があるシェアオフィスですが、中にはパーテーションなどで仕切られ、集中できるようになっている形態も見られます。また、レンタルオフィスのように、貸し切りできる個室を提供しているシェアオフィスもあります。

共同で使えるキッチンや、必要な時に利用できる会議室など、さまざまな設備が整っています。充実した機能が整備された環境を共有することで、企業にとっては賃料や備品などのオフィスコスト削減が実現できるのがシェアオフィスの特徴です。

シェアオフィスは多様な業種の会社、様々な職種の人々が利用することから、共有スペースで企業交流の機会が持てるのも魅力の一つです。


コワーキングスペースとは

複数の人で空間を共同利用する、という点ではシェアオフィスと同じですが、「コミュニティづくりを前提としている」という点がコワーキングスペースの大きな特徴です。

フリーランスや独立したての個人、スタートアップなど少人数グループで利用する場合が多く、コワーキング(Co-working)の言葉の通り、共働ワークスタイルのスペースです。コラボレーションや知識のシェアなど、交流を前提として、ネットワークづくりを期待して選ぶ人に向くのがコワーキングスペースです。

主にシェアオフィスは企業が借主として利用する場合が多く、コワーキングプレイスはフリーランスなど、個人が利用する場合がメインとなっています。最近では、どちらの特徴も併せ持つスペースを提供する場所もあり、どういう機能を最も求めているかを明確にして選ぶ必要があります。

一般的には、オフィス機能に重視して集中できる空間を求めるならシェアオフィス、つながりを重視する個人にはコワーキングスペースが向いていると言えます。


シェアオフィスのメリット・デメリット

シェアオフィスの利点、留意点は次のようにあげられます。 

 

メリット

・賃料、設備などオフィスコスト削減
・オフィス街の一等地の住所を持てる
・オフィス規模の拡大・縮小を柔軟に変更できる
・利用期間が自由に選べる(デイユース、マンスリーオフィスなど)
・最新のITインフラ、キッチンやラウンジなど整っている
・共有スペースで社外の人との交流が持てる

デメリット

・個室でない限りは人から限り話しかけられる可能性あり
・共有スペースでは機密情報の取り扱いに注意が必要


通常のオフィスを設ける場合は、保証金やオフィス用品を揃えるなど、費用が高額な上に、実際に使えるようになるまでに日数がかかりました。シェアオフィスは、必要なものが全て備えられており即利用できるうえ、従業員数の増減に応じて借りるスペースをフレキシブルに変更することも可能です。

機密情報の取り扱いがある場合は、個室タイプの小規模オフィスを提供しているシェアオフィスを選ぶのが好ましいでしょう。


シェアオフィスはこんな人にぴったり

・スタートアップ、起業したての人
事業の立ち上げ段階で、オフィスを設ける費用や労力を大きく削減できる

・最新設備、整った環境のオフィスを持ちたい企業
従業員が快適に仕事に集中でき、効率化や生産性向上を期待できる

・サテライトオフィスを設けたい企業
自宅では集中して仕事ができる環境がない従業員に、通勤や職場での密を回避するために

・個人事業主やフリーランス
仕事用の住所が持て、プロフェッショナルな環境で仕事できる


シェアオフィスの選び方

シェアオフィスを探す際のおすすめチェックポイントを紹介します。

・アクセスの良いエリアか
・求める設備やサービスが完備されているか
・自由に出入り可能か、セキュリティは整っているか
・利用料金・契約内容は明確か

具体的にどのようなサービスが提供されているか、24時間出入りできるのかなどはシェアオフィスにより異なります。

例えば、コンパスオフィスでは、東京の恵比寿や虎ノ門など、国際ビジネスの中心地で最新設備が整ったオフィスを、1人から50人までの規模に応じて、柔軟に利用することが可能です。

高品質なオフィス家具が揃えられ、フリードリンク、ITサービスなど充実。会議室、セミナールーム、さらに、受付・秘書サービスも提供しています。


ハイブリッド型ワークスタイルにはシェアオフィス 

ウィズコロナ時代の新しい働き方は、ハイブリッド型ワークスタイルが主流であり、テレワークとオフィスワークの両立は欠かせません。状況の変化に、柔軟に対応するためにも、フレキシブルに利用できるシェアオフィスの活用が、働き方改革の推進と企業成長に貢献するのではないでしょうか。

 メルマガにサインアップ

限定オファー、最新の業界ニュース、空室情報などをお届けします

Location of interest: